離婚届不受理申出について

離婚届不受理申出
離婚届不受理申出について
離婚は基本的には双方の合意の上で行うものですが、離婚届けに署名、捺印がされていて、書面に不備がなければ受理されてしまいます。
役所で本人の筆跡確認、意思確認などは行いません。
また、一旦離婚を決意、署名してしまった後で、意思が変わったときにも提出される前にあらかじめ届け出ておくといいです。
これを出しておくことにより、自分の意思に反して離婚が成立してしまうことはありません。

提出先は本籍がある住所、夫婦の所在地、もしくは一度居住したことのある住所の役所のいずれかで大丈夫です。郵送による受付はできません。
有効期限は無期限で、本人が本人確認ができるものを持参した上で取り下げない限りは効力が続きます。

しかし、この届出に効力があるのは、夫婦間で話し合いが行われる協議離婚のみです。
家庭裁判所の調停委員と共に進めていく調停離婚や、法的強制力のある裁判離婚には効果はありません。

それは、調停離婚、裁判離婚では、終わった時点で離婚が成立しているからです。
後で役所に提出する離婚届けは単なる「報告」の意味合いによるものです。既に成立している離婚については、届出を不受理にすることはできません。
Copyright (C) 共働き夫婦の離婚 シングルマザーでも生活を維持する方法 All Rights Reserved.