シングルマザーになる前に、共働き夫婦が離婚する前にやっておきたいこと

離婚する夫婦は年間に夫婦3組のうち1組

離婚をする夫婦の数が、年間に3組に1組という調査結果が発表され、夫婦の離婚に対して、あらためて考え直したご夫婦も多いのではないでしょうか。

この離婚率は徐々に増加傾向にあり、そのためか、さまざまな場所で離婚に関する話を耳にする機会があります。
インターネットでも、そうした離婚に関する話をブログの記事やニュースで知ることがあり。夫婦にとって「離婚」が身近な物であると思った方もいるでしょう。

そこで、このサイトでは、夫婦の離婚問題、共働きの夫婦が離婚をした時の問題、そしてシングルマザーの離婚後の生活の問題といった3つのことに注目し、これらの離婚の問題をはっきりとさせ、もしも離婚しなくてはならなくなったとき、その離婚の問題にを解決する糸口を見つける方法を、みなさんと一緒に考えていこうと思います。

夫婦が離婚をする理由とは

年間に3組のうち1組の夫婦が離婚をすると言われる現代の日本で、離婚をする夫婦は、どのような理由で離婚を決意したのでしょうか。

現代の離婚理由ランキング5

1位 性格の不一致
2位 金銭問題
3位 配偶者の不貞行為
4位 人間関係(その他の理由)
5位 配偶者からの暴力

夫婦が離婚する理由を1位から5位でランキングにしてみました。もっとも多かったのが「性格の不一致」で、結婚生活の中で相手の嫌なところ、生活習慣の違いなどが一緒に生活をすることで表面化し、離婚を選択するケースが多いようです。

そして、2位と3位には「金銭問題」と「配偶者の不貞行為」があり、この離婚理由は過去から定番の離婚の理由でもあります。

4位の「人間関係」は夫婦生活で関わる人間または仕事に関してなど、その夫婦それぞれの理由によって異なるため、1つにまとめました。

5位はここ最近で社会的な問題で度々ニュースでもとりあげられるケースが多い「配偶者からの暴力」です。

こうした理由があって、夫婦が離婚をすることがわかりました。

シングルマザーになることへの不安

離婚にはいろんな不安があると思います。その中でも子どもを連れて離婚をする母親、シングルマザーには、離婚後の生活に大きな不安を持つ人が多いと思います。

シングルマザーにどのような不安があるか、離婚をする夫婦によって若干の違いはありますが、いくつか問題を挙げることはできます。

・子育てと家事、仕事の両立。
・仕事の都合(就職や会社内での立場)
・住む場所(住宅ローンや賃貸保証など)

まず、一番に悩むのが、子育てと家事、そして仕事の両立です。
シングルマザーになって、これまで夫婦でやってきたことが、全て一人でやらなくてはいけなくなります。その負担はかなり大きいです。

また、仕事の都合でも色々な事情が影響します。シングルマザーということで、働ける時間に限りがあるため、職場によってはシングルマザーを採用してくれない仕事もあります。こうした差別ともいえる行為に、離婚をして初めて直面するシングルマザーは、精神的にもかなり厳しい物があります。

生活の基本といえば、衣食住ですが、住に関してもシングルマザーは不利になります。
住宅ローンがおりない、賃貸保証でひっかかってしまって部屋を借りることができないなどの問題があります。
こうした問題は、結婚していた当初には無縁の物でしたが、シングルマザーとなった瞬間から、母親と子どもにふりかかる問題です。

離婚後に後悔したくない、離婚後の生活を守るためにできること

離婚をしたことを後悔する人は、その後悔の度合に大小あるますが、離婚した人で後悔をしないという人はいないのではないでしょうか。

結婚と同じか、またはそれ以上に影響を与えるのが離婚です。

離婚をするときは、その後の生活についてよく考えてから離婚の準備をはじめなくてはなりません。

離婚経験のある人から話を聞いたり、離婚カウンセリングで離婚後に直面する問題を明確にするなどで、離婚後に後悔することが少なくなるはずです。

また、シングルマザーとなる母親、そして子どもにも、離婚後のケアは必要になります。シングルマザーを支援するコミュニティや制度もありますが、離婚後にそうした活動があることを知らないシングルマザーも一定数存在します。

こうした取り組みをいち早く調べておくことで、離婚後の問題を少しでも解消する手助けになります。

このサイトでは、離婚後の生活にスポットをあてて、離婚の問題を解消するための方法をご紹介していきます。

Copyright (C) 共働き夫婦の離婚 シングルマザーでも生活を維持する方法 All Rights Reserved.